サッカー 日本人のためのチケットの取り方

チケット

サッカーは日本でもプロ野球と1位、2位を争うほど人気のあるスポーツでもあり、海外では最も注目を集めているスポーツだといっても過言ではありません。日本人ファンの多くは試合があるごとにスタジアムに観戦へ行くものですが、特に日本代表戦の試合は人気が高くチケットが取れないということもよくあります。

サッカーチケットの取り方として最も知られている方法はローソンチケットであり、Jリーグなどの試合で座席にこだわらなければ比較的取りやすいです。しかし日本代表戦は多くの人が注目をしているためなかなか手に入れることが困難なので普段から最新情報を集めることが大切になります。

いつ、どこで、どのように、また販売枚数などを確認しておくことで最速で手に入れることができます。ツイッターなどのSNSはタイムリーな情報を発信しており、またリツイート機能で拡散するユーザーが多いので自分の欲しい情報がすぐにでも手に入れることができます。

テレビ観戦

サッカーのスポーツベッティングに賭ける

チケット

サッカーの本場イギリスではスポーツベッティングと呼ばれるサービスがあるのですが、これは野球やサッカーに現金を賭けるスポーツ勝敗予想となっています。日本からでも利用できるので、サッカー好きな方は利用してみるといいでしょう。

スポーツベッティングの初心者は欧州サッカーやJリーグに賭けることをオススメします。世界的なスポーツで日本でも人気があるスポーツなので、情報が多く調べやすいので、どのチームが強いのか選手が強いのかを把握しやすくなっています。

試合に賭ける場合は、勝つチームを予想してベットを行うのです。このときにハンディキャップが付いているチームもあります。試合に負けたとしてもハンディキャップの得点を加算してギャンブルでは勝つ場合があるのです。チームの強さだけでなくハンディキャップも考慮したベットをするのが基本といえます。

面白いベットの方法として両チームの総合得点が設定点数より高いか低いかを予想するものもあるのです。これならサッカーにあまり詳しくない素人でもギャンブルをしやすいので試してみるといいでしょう。

他にもスポーツベッティングではライブベットと呼ばれるサービスがあります。ライブベットの良いところは試合の中継を確認しながらベットをできるところです。終盤に価値がほぼ確定したチームに賭けると勝てる可能性は高くなるでしょう。

状況でオッズが変動するので勝ち金は少なくなりますが、確実に勝てる可能性は上がるのです。オッズはベットをした時点の数字が考慮されるので、早い段階で賭けて勝てば大金を獲得できます。上手く利用してスポーツベッティングを攻略するとよいでしょう。

スポーツベッティングで賭けながらサッカーを観戦するという新たなサッカーライフを楽しみましょう。

サッカーの観戦を日本人が楽しむ

ユニフォーム

日本におけるプロサッカーリーグであるJリーグが開始されてから20年以上が経過しました。近年は世界で活躍するサッカー選手も増えてきており、Jリーグやワールドカップなどをスタジアムやテレビで観戦する人も増えています。日本人のサッカー熱も年々高くなってきており、日本の中で人気の高いスポーツの一つになりました。

サッカーを観戦する時には、応援するチームや日本代表のユニフォームを着用して試合の応援をする人はたくさんいます。スタンドは、チームカラーであるユニフォームの色が一色に染まっており、サポーターが選手個人やチームに向けて歌うチャントを一緒に歌いながら一体感を持って応援を行っているのです。

日本人は一体感や協調性を大切にする気質があります。選手や周囲のファンと同じユニフォームを着て試合を観戦する事で、自分もその仲間の一人としてチームやサポーターに溶け込み、感動や喜び、悔しさや笑顔を共有できる感覚になることができる魅力があるのです。一面のチームカラーに染まったスタンドからの応援は、選手にも大きな力を与えてくれるのです。

フォーメーション

世界の一流サッカー選手と日本人との差

ユニフォーム

キングカズこと、三浦知良氏がイタリアのセリエAに挑戦してから、中田英寿氏、中村俊輔氏、小野伸二氏、本田圭佑氏、香川真司氏と多くの日本人プレイヤーが活躍してきました。

古くは奥寺康彦氏がドイツのブンデスリーガでレギュラーとして活躍し、オリンピックメキシコ大会では釜本邦茂氏が得点王になるなど、世界にアピールできる選手は少ないながらも存在していました。しかし、現在のように多くの日本人プレイヤーが海を渡り、しかも多くの選手が活躍するなど、以前は想像もできませんでした。

1998年のサッカーフランスワールドカップで日本はワールドカップに初出場しました。それまで日本はあの「ドーハの悲劇」も含め、幾度となくワールドカップ出場の壁に屈していました。「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれる日本サッカー界の転機を境に、日本はワールドカップに連続して出場を果たしています。

まだまだ個人も日本代表も世界との差は感じさせられますが、どんどんと有能な若きプレイヤーたちが誕生しているのも事実です。

欧州4大リーグと言われるリーグで、しかも名門チームで、レギュラーとして活躍し、国内リーグ制覇、チャンピオンズリーグ制覇。その中心に日本人選手がいた…。そんな光景が見られるのも夢物語ではないかもしれません。